スケールモデラーズフェスティバル スケールモデルに特化したプラモデルのフリーマーケット・フリマ・展示 モデフェス@アキバ、秋葉原 通運会館で2020年3月29日(日)11時〜16時

MENU

2020年3月29日(日) 第10回モデフェス@アキバ 1/72限定の企画展ご案内

  • HOME »
  • 2020年3月29日(日) 第10回モデフェス@アキバ 1/72限定の企画展ご案内

1/72限定の展示会「72展」ご案内

モデフェス@アキバの第10回を記念して1/72AFVの展示を
と思いましたが、2階フリマ会場では混雑や破損が心配
地下1階は仲間内だけでは広すぎるし予算がオーバー、、、。

そんなときに@kurage_mokeiさんと意気投合しまして
1/72をテーマとした企画展を共同でおこなうことにしました。
いつものフリマ会場(2階)とは別に地下1階を確保しました。
1/72ファンの皆さん、ご参加お待ちしてます。

件名:モデフェス@アキバ第10回記念 企画展「72展」
概要:1/72に限定した展示会
(飛行機、AFV、etc、ジオラマ含む)

日時:2020年3月29日(日)11時〜16時
会場:秋葉原 通運会館 地下1階
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-16-18

参加費:無料〜¥10,000(展示サイズによる、見学は無料)
参加特典:展示会パス(以下パス)をご提示の方は2階フリマが入場無料
参加資格:下記を理解のうえルール・マナーを守れる方、ほか特になし

参加の手順:
1、事前に参加表明
このページを読んでいただいてから、作品点数と展示サイズ
(展示に要する面積を下記A〜Dから選択)を下記宛先に送って下さい。

展示サイズと料金:
A:縦220mmx横150mm(およそA5用紙タテの大きさ)、無料
2階フリマが入場無料になるパス1枚つき
*おひとりで複数の申込は出来ません。上記サイズに収まらない方は
B以下を選ぶか、点数を減らすなどの調整をお願いします。

上記より広いスペースで展示したい方は下記をご利用下さい。
B:1コマ(縦450mmx横300mm、およそA3用紙の大きさ)、¥1,000
1名で2コマ(計¥2,000)まで利用可能、グループでの利用はNG
2階フリマが入場無料になるパス1枚つき

更に広いスペースやグループ展示を希望の方は下記をご利用下さい。
参加表明の際に(その時点で決まっている)人数もお知らせ下さい。
C:半卓 横900mmx縦450mm、¥5,000
(参加人数分のパスつき、ただし5枚/5名まで)
D:1卓 横1800mmx縦450mm、¥10,000
(参加人数分のパス付、ただし10枚/10名まで)

参加表明の宛先:
AFV:twitter @modefesへDMまたは
イベントWebの問い合わせページからお知らせ下さい。

飛行機・その他:twitter @kurage_mokeiさんへDMまたは
ブログ 迷走エアモデリングのメールフォームでお知らせ下さい。

AFVと飛行機が混在する方は、割合が多いほうの宛先へお願いします。
AFV、飛行機以外のアイテムは「その他」に含まれます。

*参加表明は人数の把握と展示スペースの調整が目的です。
*余分な個人情報は書かないで下さい。
(返信が必要な場合は、返信できる宛先を記載して下さい。)
*いずれか一つの宛先に一度だけ送ってください。
(複数の宛先に何度も送らないようにお願いします。
迷った場合はひとつだけ宛先を選んで送って下さい。
*当日の飛び込み参加はお断りします。

2、当日11時以降に地下1階の受付で参加手続してください。
参加費が発生する方は受付でお支払いください。
規定枚数のパスと領収書をお渡しします。
A/Bを選択した方には展示サイズの目安となる紙をお渡しします。
*受付が混雑します。釣り銭が出ないようにご準備下さい。
*参加手続が済まない方は展示室に入れません。
*会期中はパスを見える位置に付けてください。

3、指示された卓に展示して下さい。AFV、飛行機等でゾーン分けします。
(選択した展示サイズからはみ出さないように設置して下さい。)

4、17時までに撤収を完了して下さい。(17時に施錠します。)

当日の予定:
受付開始:10時
展示:11時〜16時
撤収:17時まで(パスは受付の回収ボックスに返却ください)
会場の施錠:17時

主催(会場利用の窓口、AFVとりまとめ):モデフェス@アキバ事務局
http://firstair.co.jp/modefes/(イベントWeb)
@modefes(twitter)、#72ndARMY(ハッシュタグ)
共催(飛行機/その他とりまとめ):迷走エアモデリング
http://kurage55.blog60.fc2.com(ブログ)
@kurage_mokei(twitter)、#72lab(ハッシュタグ)

協賛:スケールアヴィエーション
モデルグラフィックス
アーマーモデリング
モデルアート
その他 調整中

注意事項:
上記は変更となる場合があります。
撤収時間は厳守してください。
作品の管理はご自身の手でおこなって下さい。
破損や盗難などについて主催・共催・協賛および
会場管理の各社(者)はいっさいの責任を負いません。
ゴミや不要な梱包材・箱等はお持ち帰りください。
展示室内での飲食は禁止です。

*展示室内・展示作品の写真撮影は自由とします。
公開の際はプライバシーに配慮した写真の加工をお願いします。
(背景に写り込んだ人物や文字情報にも留意ください)
展示の際も個人情報の扱いにご注意下さい。
(作品紹介に個人情報を記載しないなど)
事務局でも独自に撮影してWebやSNSに掲載予定です。

その他、会場利用についての注意事項・禁止事項は
モデフェス@アキバのイベントWeb記載の各項と共通です。
フリマ出展者の注意事項
フリマ来場者の注意事項

会場(通運会館 地下1階):
2019年10月2日追記:地下1階展示室のストリートビュー
同年9月29日に撮影、クリックすると表示されます。

—————————————————
コラム#3:「もちろん1/76のAFVキットもアリですよ」
1/76(マッチボックス、フジミ、ニットー、ミドリ、エーダイ)もOKですよ。
72・76と都度併記しなくても了解済みと思ってましたが
複数のお問い合わせをいただいたので追記しました、、、。

私自身、マッチボックスがあまりにも好きで
上海の工場まで取材に行ったほどです。
組立説明書に記載された住所から現地の取引先を通じて
アポをとってお邪魔しましたw
ちょうど昼休みどきで食事しながら盛り上がって
沢山お土産を貰いました。(煩い客を追い返す手ですかねw)

RoyHuxley氏の箱絵が素晴らしくて
AFVにとどまらず、いまもコツコツ集めています。
画像はまた別の機会にUPします。一部をUPします。
既にご存知の方・初めて知った方、どちらの方にもどーでもイイ話題でしたかね、、、。

Bf109(黒帯なしの箱がより旧い)とツインオッターは
何年もいじってます、、、。72展には間に合うといいなぁ。

初めてつくったマッチの飛行機キットはP-12Eでした。
複葉機をつくったのもコレが初めてでしたね。
グラディエーターがもう少しで完成しそうです。

練習機の箱絵も手抜かり無しですよ。

かつて、こんなにも勇ましいスカイホークやライサンダーの画稿があったでしょうかw

大戦機の定番アイテムも素晴らしいです。

現用機もありますよ。(ホントの現用はA-10だけ、でも塗装がイマドキじゃない、、、)

、、、という訳でマッチボックスの箱絵は素晴らしいという話題でした。
フネやバイク、クルマの箱絵も素晴らしいのですが趣旨が異なるので割愛。
おっと、1/76AFVの件でしたね。皆さんの秘蔵の品で是非ご参加ください。

—————————————————
コラム#2:「こんなのも参加OKなの?」

多数のご質問をいただきましたので補足です。
ニュアンスが伝わると良いのですが、、、。

拙宅の在庫から探してみました。
コレ全て1/72なのでOKです。

いやぁ、イッパイありますねぇ。ずらりと並べたくて買い込んでました。
実機の試作機とは別に、こういう架空機?を集めた卓も設けたいです。
*おっと、アポロは(試作でも架空でもなく)ちゃんとした実機でしたネ。
**人型に変形できるヤツはファイター形態でお願いしますw

—————————————————
コラム#1:「皆さん、1/72スケールのキットお好きですよね?」

ワタクシ、30年以上1/72のAFVにハマっております。
72の飛行機やフネ、SFモノも好きで集めてます、、、。
(144や48、32の飛行機も好きでして在庫ばかり増えてますネ。)

20年ほど前、1/72AFVの商品は少なくて情報を得る手段も限られてました。
当時は個人がホームページ(Webサイト)をつくるのが流行ってたようで
たまたま覗いたインターネットには、凄いモデラーさん達が居られました。
とにかく仲間が欲しかった私は、暇さえあれば検索して
見つけたサイトにコンタクトしてましたね、、、。

オフ会も楽しくて、実際にお会いするのに何かネタが要ると思いまして
ガレージキット(当時は原型・複製も大変でした)をつくって披露しました。
今もサイトの残骸が、、、パソコン通信(NiftyServe!)からの流れで
@Niftyを使ってたんですね。
http://firstair.akiba.coocan.jp/eshop/shop_top.html

同好の士で遊べるようにと、イベントを主催したり
模型誌の作例記事でご協力を頂くような活動をしてました。
(建替え前のラジオ会館でミニスケールAFVのオフ会イベントやる際に
近所の台湾料理店に飲茶の仕出しを手配したり、、、今じゃ難しいですね)

その当時に知り合った方々との交流がいまでも続いてます。
皆さんと定期的に集まる機会をつくることも
モデフェス@アキバを始めた目的のひとつでした。

さて今度の企画展「72展」、ゆる~い集まりになると良いですね。
1/72というテーマだけで、あとは基本的に自由です。
トラブルが無く雰囲気が良ければ継続したいと考えています。

私自身も72でつくりたい物やプロジェクトが幾つもあるのですが
すぐに完成しないので、なんとか展示の機会をキープしたいです。
(これが最後じゃないと思うので)まずは様子見・お試しの
つもりでご参加くださいませ。よろしくお願いします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © モデフェス@アキバ事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.